MENU

脂漏性皮膚炎の原因と症状について

頭皮環境が悪化してしまうと、
頭皮の部分が皮膚炎を起こしてしまうこともあります。

 

頭皮に現れる皮膚炎の症状として最も多いのが、
「脂漏性皮膚炎」となっていて、文字通り「頭皮に脂が多くなりすぎて
皮膚炎を起こしてしまっている状態」ということになります。

 

頭皮に分泌される脂というのは、毛穴から排出される皮脂となっていて、
皮脂というのは本来、頭皮を守るという役割を持っているのですが、
過剰に分泌されてしまうことによって、細菌が繁殖する温床となってしまうため、

 

細菌が過剰に繁殖した結果、頭皮が炎症して皮膚炎になるということに繋がります。

 

 

脂漏性皮膚炎が発症する原因について

 

脂漏性皮膚炎というのは、冒頭でも紹介したとおり、
過剰に分泌されてしまった皮脂を放置してしまったために起きてしまう症状となっています。

 

皮脂の量が過剰になった場合でも、定期的に頭皮環境を整えることによって、
徐々に皮脂の分泌量が抑制されることになりますので、
脂漏性皮膚炎になってしまうケースは少ないです。

 

よくあるケースとしては、仕事やプライベートが忙しくて、洗髪をする機会が2〜3日に1回程度しかないという状況で、急いでいるために洗髪のやり方も適当になっていて、キチンと洗えてない状態で、すすぎもいい加減にしていると細菌が繁殖しやすい環境をわざわざ作っているという状況になりますので、脂漏性皮膚炎を発症してしまいやすくなります。

 

そのため、脂漏性皮膚炎を防ぐためには、頭皮環境を整えることが重要になりますが、
頭皮環境を整えるために必要なのは、毎日の生活リズムを整えることが先決になります。

 

規則正しい生活をしていて、正しい洗髪方法を実践できているのなら、
頭皮環境を整えることは難しいことではありませんので、
まずは自分の生活環境を見直すことが大切です。