MENU

頭皮環境悪化による白髪への影響

白髪が出来る原因というのは、髪の毛を生み出す細胞となっている、
毛母細胞の中に含まれている「メラノサイト(色素形成細胞)」
という髪の毛に色を付ける細胞が加齢とともに衰えてしまうためとされています。

 

メラノサイトが活性化している状態だと、白髪にならず、
メラノサイトを活性化させるために必要なのは、
毛母細胞にタンパク質・ミネラル・ビタミンなどの栄養素を行き渡らせることが重要になります。

 

そして、栄養素を行き渡らせるために必要になってくるのが、頭皮の毛細血管となっていて、
頭皮環境が悪化することによって毛細血管が縮小または消失してしまうために
頭皮環境が悪くなると白髪が増えてしまうということに繋がります。

 

白髪になってしまう原因は2つの要素から構成される

 

頭皮環境が悪化して白髪になってしまうというのは、
簡単にいえば「髪を生み出す細胞まで栄養が届いていない」という状況になります。

 

白髪になってしまう場合の、頭皮環境の悪化というのは下記の2つの要素が考えられます。

 

・毛穴に皮脂が詰まっているために、外部から与えられる栄養が内部まで届かない
・頭皮の毛細血管が細くなっているために、頭皮全体に栄養が行き渡らない

 

こちらの2点となります。

 

どちらの場合も、毛穴の奥にある毛母細胞まで栄養を届かせることが出来ないために、
白髪になりやすい頭皮環境となってしまいます。

 

これを防ぐためには、頭皮の血行を促進させ、皮脂の分泌を抑えるということになりますので、
食生活を見直したり、洗髪時に頭皮マッサージをしたりすると、頭皮環境を改善することが出来ます。