MENU

頭皮が脂っぽくなる原因・メカニズムについて

頭皮が脂っぽくなってしまう原因というのは1つしかありません。

 

それは頭皮の毛穴から分泌される
皮脂の量が多くなっているからということになります。

 

 

 

皮脂というのは、文字通り
「皮膚から排出された脂肪」ということになりますので、

 

放置しておくと髪に付着するために
頭皮全体が脂っぽくなってしまうことが特徴的です。

 

今回は、頭皮から分泌される皮脂が多くなってしまう原因と、
その対策について紹介していきます。

 

 

頭皮の皮脂分泌量が増加してしまう原因とは

 

頭皮の皮脂分泌量が増加してしまう原因というのは、
食生活が主なポイントになっていますが、食生活以外にも様々なポイントがありますので、
それらについて詳しく紹介していきます。

 

 

皮脂の分泌量が多くなる食生活とは

 

皮脂の元となっているのは、脂肪ですので、
脂肪を多く摂取する食生活というのは直接的に皮脂の分泌量を増加させてしまうことに繋がります。

 

例えば、揚げ物や脂肪分の多い肉類などが挙げられますが、
それ以外にも糖質を多く摂取することによって皮脂の分泌量が増加することになりますので、
炭水化物やケーキやチョコレートといった洋菓子も糖分や脂肪分が多くなっていることが挙げられます。

 

また、食品添加物や化学物質が多く含まれている食品も身体に悪影響を及ぼすことになり、
身体の健康が不安定になることによって頭皮環境が悪くなるために皮脂の分泌量が多くなるということもあります。

 

頭皮が不潔になることによって皮脂の分泌量が多くなる

頭皮が不潔になってしまうと、皮脂の分泌量が多くなるというよりも、
排出された皮脂が除去されないために増え続けてしまうということの方が正しいです。

 

 

よくあるケースとしては、徹夜明けなどの披露している時に
髪や頭皮に触れてみるといつも以上に脂っぽくなっていることがよく分かります。

 

これは、頭皮に付着している皮脂が洗い流されなかったことによって、
髪にまで皮脂が付着しているために頭皮が脂っぽくなっている状態になります。

 

この状態になっていると気持ち悪いために、綺麗に洗い流そうとしてしまいますが、
この時点で気をつけなければならないことが1つあります。

 

それは、「頭皮に必要な量の皮脂を洗い流してはいけない」ということです。

 

頭皮の分泌量が過剰になっていることが通常の状態だと脳が判断しているために、
その皮脂を必要以上に除去してしまうと、それ以上の皮脂を分泌することになりますので、
余計に皮脂の分泌量が増えてしまうという結果になってしまいます。

 

そのため、大切なのは、「毎日1回の洗髪を続ける」ということになっていて、
洗髪をするのが2〜3日に1回とか、1日に2回以上の洗髪をするというようなことは
皮脂の分泌を促すだけになってしまいますので注意してください。

 

運動不足によって皮脂の分泌量が増える

現代人に多いのが慢性的な運動不足となっています。

 

現代では、交通網の発達や業務形態の変化などによって、
デスクワークをしている人が多くなっています。

 

そのため、慢性的な運動不足となっているひとが多いのが現代人の特徴になっていて、
運動量が不足することによって、血液が体内に送る栄養が少なくなります。

 

その結果、頭皮に送られる栄養も少なくなってしまうために、
頭皮の新陳代謝が悪くなってしまって、必要以上の皮脂を分泌するということに繋がってしまいます。

 

また、身体が求めている栄養分の量は少なくなっているのにも関わらず、栄養として摂取する量については増加していることが問題となっていて、栄養として使用されなかった分は脂肪として蓄積されるか、体外に皮脂として排出されることになりますので、運動不足によって皮脂の分泌量が増加してしまいます。

 

 

頭皮が脂っぽくならないためには、どうすれば良いのか

 

頭皮が脂っぽくなってしまわないようにするためには、どうすれば良いのかというと、
上記で紹介したような原因の種となるものを排除することが重要です。

 

上記で紹介したのは、基本的に「不健康な生活習慣」となっているために、
真逆の「健康的な生活習慣」を心掛けることによって、皮脂の分泌量を抑えることが可能です。

 

現代では便利になり過ぎているということもあり、
怠惰に暮らす人の数が昔に比べて大幅にアップしているということになりますが、
その結果、頭皮が脂っぽくなってしまうということにも繋がります。

 

 

健康的な生活をすることが頭皮環境を整えるために最も必要なことになります。