MENU

頭皮の痒み原因・メカニズムについて

頭皮の痒みに悩まされている人は非常に多いと思われますが、
頭皮に痒みが発生してしまう原因としては、たった1つのことが理由になっています。

 

 

 

それは「頭皮が炎症している」ということになりますが、
頭皮が炎症してしまう原因に関してはいくつかのことが考えられます。

 

今回は、頭皮に痒みが発生してしまう原因や、その治療法について詳しく紹介していきます。

 

 

頭皮の痒みの原因は、頭皮が炎症していることにあった

頭皮に痒みが発生してしまう原因としては、頭皮が炎症しているということが挙げられます。

 

頭皮に限らず、皮膚が炎症している状態というのは
体内の免疫力によって自己治癒している最中に痒みを発生させることになります。

 

そのため、頭皮に炎症が起きると、炎症を治療するために痒みが発生するということになります。

 

 

頭皮が炎症してしまう原因について

 

頭皮が炎症してしまう原因というのは、いくつか挙げられますが、
その中でも最も多いとされているのが「頭皮で細菌が繁殖してしまうために、
炎症が引き起こされてしまう」ということになっています。

 

頭皮で繁殖する細菌というのは、栄養源が頭皮の毛穴から分泌される皮脂となっているために、
皮脂の分泌が過剰にならない限り、大量に繁殖してしまうということはありません。

 

しかし、食生活が乱れていたり、ストレスを溜めやすい環境にいたりすると
皮脂の分泌量が多くなってしまうために細菌が繁殖しやすい環境となってしまい、
その結果、頭皮が炎症してしまうということに繋がります。

 

またもう1つ、頭皮が炎症を起こしてしまう原因としては、
「痒みがあるために引っ掻いて頭皮を傷つけてしまう」ということが挙げられます。

 

特に、痒みが発生している場合は爪を立てて引っ掻くケースが多いために、
頭皮が傷つきやすく、傷ついた部分に細菌が繁殖するために、
炎症を起こして痒みが発生するということになります。

 

これらの症状は、負の連鎖となってしまうために、元から絶つということを考えて対策をしなければいけません。

 

 

頭皮の痒みを防ぐためには、どうすれば良いのか

頭皮の痒みを防ぐために、最も効果が高いとされるのは、
「皮脂の分泌量を抑える」ということになります。

 

皮脂の分泌量が少なくなれば繁殖できる細菌の量も少なくなりますので、
頭皮の炎症を抑える効果が期待できます。

 

炎症が少なくなれば痒みが発生するケースも低くなりますので、
結果的に頭皮の痒みを防ぐことができるということに繋がります。

 

それでは、皮脂の分泌量を減らすために大切なことについて紹介していきます。

 

 

洗髪の法方を変える

 

洗髪のやり方というのは個々人によって大きく異なります。
しかし、キチンとした洗髪方法を実践できている人というのは、とても少なくなっていて、

 

間違った洗髪方法をしているために、
皮脂の分泌量が増加してしまうというケースも少なくありません。

 

そのため、こちらでは洗髪の方法について詳しく紹介していきます。

 

洗髪をするときに、まずは髪を濡らすことになりますが、
この際には十分に髪を濡らすようにしてください。

 

洗髪時には、髪だけしか濡らさないという人も少なからず存在していますが、
洗髪というのは髪を洗うことも重要ですが頭皮の痒みを防ぐためには
「頭皮を洗う」ということが重要です。

 

そして、シャンプーをつけることになりますが、
この際にも頭皮に直接シャンプーをつけるのではなく、
手のひらで馴染ませてから髪につけるようにします。

 

ポイントとしては「シャンプーの原液をつける」ではなく、
「シャンプーによって発生した泡を頭皮に馴染ませる」というような感覚で洗ってください。

 

洗う時のポイントとしては、爪を立てずに指の腹で揉み込むようにして
頭皮を洗うと頭皮の血流も良くなりますので、非常に効果が高くなります。

 

最後に、シャンプーを洗い流すということになりますが、この際にもすすぎが不十分なために
シャンプーが頭皮に残ってしまって、残ったシャンプーが毛穴に入り込み、
そこから炎症を引き起こしてしまうこともありますので、綺麗にシャンプーを洗い流すことが重要です。

 

洗髪の方法を変えるだけで、頭皮の痒みを防ぐことが出来るようになります。

 

他にも大切なことはありますが、まずは出来ることから少しずつ変えていく努力をすることが大切になります。