MENU

汚れを落とすだけがシャンプーじゃない!洗浄力の強いシャンプーの危険性

男性の場合、
「汚れや皮脂を落とすためにシャンプーをする」
という人が多いのではないでしょうか。

 

特に若い頃は、
「部活でかいた汗」「新陳代謝が活発であるために過剰に分泌される皮脂」
を洗い流すために、洗浄力の高いシャンプーを使っていた人も多いと思われます。

 

たしかに、シャンプーは髪の毛の汚れを落とすために非常に有用なものです。

 

ただ、「年代」「悩み」「髪の毛や頭皮の状態」によっては、
このような認識が危険であることも……。

 

シャンプーの種類と、洗浄力が強すぎるシャンプーのリスクについて見ていきましょう。

 

シャンプーの種類について

シャンプーは、「洗浄力」というカテゴリーで分けるとすれば、
以下の3つに大別されると言われています。

 

  • アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸系

 

このなかで、
もっとも洗浄力の高いシャンプーは「アルコール系」です。

 

「石けん系」はアルコール系に比べて洗浄力が低いものです。
安全性の高いシャンプーとして知られる一方、髪の毛にきしみなどをもたらすこともあります。

 

最後の「アミノ酸系」は、
現在薄毛対策のためのシャンプーとして積極的に使われているものです。
刺激がとても弱く、頭皮にダメージを与えにくいシャンプーとして知られています。

 

洗浄力の強いシャンプーの特徴と危険性

洗浄力の高いアルコール系のシャンプーは、
使い終わった後に、強い爽快感をもたらします。

 

また、皮脂や汚れをしっかり取り去ってくれるため、
汗をかく人や新陳代謝が活発な人にとっては、非常に強い味方となるでしょう。

 

ただ、一方で、
「本来は必要なはずの皮脂まで奪い去ってしまう」
「頭皮が乾燥しやすい状態になってしまう」
というデメリットがあります。

 

そしてこのデメリットは、
「頭皮を守って、育毛剤がききやすい環境を作りたい」
「頭皮にダメージがいかないようにしたい」と考えている人にとっては、
とても大きなリスクとなり得ます。

 

皮脂や水分は、頭皮を守るための重要な防御壁だからです。

 

しばしば、「洗浄力の高いシャンプーは、とても危険である」と言われます。
しかし、洗浄力の高いシャンプーそのものが悪いわけではありません。

 

「どのような人が、どのような目的をもってシャンプーを使いたいと考えているか」によって、
選ぶべきシャンプーの種類が異なってくるだけです。

 

もしあなたが、
なにも考えずにシャンプーを選んでいたというのならば、
現在使っているシャンプーについて調べてみてください。

 

薄毛に悩むようになったのなら、シャンプーを変える必要も出てくるでしょう。