MENU

薄毛リスクの高いシャンプー成分3選!

現在、市場にはたくさんのシャンプーが出回っています。

 

それぞれがそれぞれの工夫をこらし、
さまざまな研究の元で打ち出してくるシャンプーは、
そのどれもが評価に値するべきものです。

 

ただ、これらの市販のシャンプーは、
「目的」によって使うべきものが変わってくるのも事実。

 

薄毛対策を考えている人にとって、NGとなりうる成分について見ていきましょう。

 

シリコン

「シリコン入りのシャンプーはあまり良くない」というのは、
だれもが一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

シリコンは、髪の毛を包み込み、指通りのなめらかさをもたらす成分です。
また、髪の毛から水分が出て行ってしまうのを防ぐという「保湿」の効果も持ち得ます。

 

これは、薄毛に悩んでいない人にとってはかなり有用な成分です。
ただし、育毛剤との併用を考えている人にとってはNG成分となり得ます。

 

髪の毛や頭皮を包み込んでしまうため、育毛剤がなかなか浸透してくれないのです。

 

アルコール系

強力な洗浄成分として知られている
「アルコール系(高級アルコール、と言われることもある)」。

 

これは、皮脂や髪の毛の汚れを効率よく落とすことのできる成分として知られており、
高い洗浄力が必要な人にとっては心強い味方となる成分です。

 

また、価格も安価で、使いやすいのもメリットです。

 

薄毛に悩んでいる人の場合、頭皮を健やかに保つことが重要です。

 

しかしアルコール成分は、
頭皮にとって必要な皮脂や保湿成分も奪って行ってしまいます。

 

そのため、薄毛対策を考えている人には向きません。
薄毛に悩む人は、洗浄力が低い代わりに肌に優しいアミノ酸系をどうぞ。

 

イソプロピルメチルフェノール

非常に強い抗菌性を持ち、
雑菌が増えることを防いでくれる、大変頼りになる成分です。
シャンプーだけでなく、薬の中にもこの成分が見られます。

 

防腐剤としても働きます。
一方、「健康情のリスクがある」として避けているところもあります。

 

正しい取り扱いが求められる成分の1つでもあるため、
利用に慎重になっている業者がいるのも事実です。

 

ここまで3つの成分を取り上げてきましたが、
そこにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

シャンプーの成分は、単純に「良い・悪い」で言い表せるものではありません。
ただ、髪の毛の悩みによって、使うべき成分・避けるべき成分が変わるのです。

 

このことを念頭においたうえで、シャンプーを選びましょう。