MENU

頭皮の状態をイキイキと!簡単で効果的なシャンプー講座!

「育毛シャンプー」という言葉は実はなく、
シャンプーだけで髪の毛が生えてくるようなことはほとんどないと言われています。

 

ただ、育毛シャンプーはなくても、
「育毛剤の効き目をよくするために、頭皮の環境を良くすること」
はとても意味のあることだと言えます。

 

そこでここでは、
「薄毛に効果的なシャンプーのやり方」について解説していこうと思います。

 

まずは基本のやり方を知っておこう

薄毛対策に特化したシャンプーのやり方の基本を紹介します。

 

まずはしっかりとお湯で髪の毛を洗う

これによって、髪の毛についたホコリなどを落とすことができます。

 

シャンプーを手に取り、よく泡立てる

シャンプーごとに使い方は違いますが、
泡立てるタイプのものは泡をしっかりと髪の毛になじませるようにします。

 

指の腹を使って洗っていく

指の腹の部分を使い、頭皮を動かすようにして髪の毛を洗っていきます。

 

洗い流す

「洗い流し」は、時に、
「髪の毛を洗うことそのもの」よりも大切な工程になります。

 

シャンプーが残らないようにしっかりと洗い落としましょう。

 

トリートメントなどの利用

シャンプーにもよりますが、
「トリートメントとの併用」が勧められている商品ならばこれを使います。

 

手順は、シャンプーのときと原則は同じです。
ただ、頭皮にトリートメントをべったりと付けるようなことはやめましょう。

 

タオルドライをしてから乾かす

男性の場合、
「洗いあがった髪の毛をそのままにしておく」という人もいるでしょう。

 

しかし濡れた髪の毛はとても切れやすく、傷みやすいもの。
しっかりとタオルで水分をふき取った後、ドライヤーで乾かしてください。

 

シャンプーをするときの注意点

シャンプーをするときは、必ず指の腹で洗い上げるようにします。
爪を立てると頭皮を傷つける原因になりますから、注意が必要です。

 

また、あまりにも熱すぎるお湯で洗うことはやめておきましょう。

 

シャンプーは、洗浄力の強すぎるものは避けます。

 

洗浄力の強すぎるものは、頭皮に本来必要な皮脂までも奪い取ってしまいます。
薄毛対策用のシャンプーとしては、アミノ酸系のものが最適だと言われています。

 

また、シリコン入りのシャンプーは髪の毛を覆ってしまうため、
育毛剤の効きを妨げてしまいます。

 

薄毛の悩みを抱えている人は、ノンシリコンシャンプーを利用するとよいでしょう。

 

シャンプーをする際にとても重要になるのは、
特に「洗い流し」の部分です。

 

シャンプーで髪の毛を洗う時間よりも、すすぎの方に時間を割いてください。
頭皮にシャンプーが残ってしまうと、それが肌トラブルの原因になります。

 

市販のシャンプー選びは慎重に!リスクの高いシャンプー成分3選!