MENU

フケがでてしまう・止まらない原因・メカニズムについて

フケが出ているという状況は
男女を問わずに不潔感を相手に与えてしまうことになります。

 

また、フケが大量に発生しているという状況は、
頭皮に痒みがあるケースも多くなっているために、
多くの人がフケのトラブルに悩まされていることも多いでしょう。

 

 

 

そこで今回は、フケが発生するメカニズムから、
フケが発生しないようにするためには
どうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

 

フケが発生するメカニズムについて

フケというのは頭皮から発生する粉状のものになっていますが、
フケをよく見ると粉ではなく皮膚だということが良く分かります。

 

フケというのは頭皮の角質が古くなって剥がれたものとなっていて、
頭皮以外の部位で表すと垢のようなものになっています。

 

垢とフケの違いというのは、
簡単に言えば「代謝能力の違い」ということが分かりやすいと思われます。

 

健康的な頭皮の状態では、少しずつ頭皮の角質が新しい細胞に入れ替わっていくために、
剥がれ落ちる角質は小さくて、人間の目には感知することができません。

 

しかし、頭皮環境が荒れている場合は一度に大きく剥がれてしまうために、
フケとして視認出来てしまうということが挙げられます。

 

そのため、一般的にフケを改善するためには
頭皮環境を整えることが最も大切だとされています。

 

フケの特徴は主に乾性と脂性の2つに分けられている

 

 

一口にフケと言っても、その性質は主に2つに分けられています。

 

1つは乾性フケと呼ばれていて、
頭皮の荒れや頭皮が乾燥することによって発生するフケ。

 

もう1つは脂性フケと呼ばれていて
文字通りフケが脂ぎっている状態とです。

 

この2つは「フケが発生する」という点では同じですが、
フケが発生する原因が大きく異なりますので、
治療法も異なっていることが特徴的です。

 

そのため、フケの治療をする場合は、どちらのタイプのフケなのか
ということを判別してから治療をしなければいけません。

 

 

乾性フケになってしまう原因について

 

乾性フケになってしまう原因というのは、
主に頭皮が乾燥することによって発生する角質の剥離となっています。

 

頭皮が乾燥するというのは、
空気が乾燥するために引き起こされるケースもありますが、

 

それよりも大きな要因としては、
頭皮に栄養分が足りていないということが挙げられます。

 

また、シャンプーが頭皮に合っていなかったり、洗髪のやり方を間違っていたりすると
頭皮が乾燥しやすい状況になってしまうこともありますので注意が必要です。

 

関連:頭皮が乾燥する4つの原因とは

 

脂性フケになってしまう原因について

 

脂性フケになってしまう原因としては、
下記の3つが合わさってしまうことによって引き起こされることになります。

 

  • 皮脂の増加
  • マラセチア菌の発生
  • 自己免疫力の低下

 

この3つが合わさることによって脂性フケとなってしまいますが、
3つのうち1つでも欠けていれば、
正式には脂性フケではなく、脂っぽいフケということになります。

 

この中でも、最も多いとされているのが
「皮脂の増加」ということになっていますが、

 

現代人の生活スタイルや食生活を考えると
皮脂の増加というのは仕方のないことかもしれません。

 

「昼夜を問わずに仕事をする」
「乱れた食生活」
「睡眠時間がバラバラ」などなど

 

現代人の生活スタイルは崩れていることが多く、
これらの要素から皮脂の増加を促してしまっているケースも多いです。

 

関連:頭皮が脂っぽくなる3つの原因とは?

 

フケを治療するためには、どうすれば良いのか

 

フケを治療するために最も効果が高いとされるのは、
ヘアサロンやクリニックを受診して
自分の状況に合わせた治療をしてもらうことが最適です。

 

しかし、サロンやクリニックに行く時間や
お金がないという人も多いと思われますので、
そのような方におすすめの方法を紹介します。

 

フケを治療するために自宅でも簡単にできるのは下記のポイントなります。

 

  • 起きる時間、寝る時間を規則正しくする
  • 1日3食をしっかりと摂取して、バランスの良い食事を心がける
  • 毎日1度の洗髪をする
  • 洗髪の際にはシャンプーが頭皮に残らないように綺麗に洗い流す

 

こちらの4点を守ることによって、
病気ではない場合のフケに関しては対処することが可能です。

 

言い換えると規則正しい生活をするということになりますので、
フケを治療するために最も効果的なのは投薬などではなく
普段の生活習慣を変えるということになります。