MENU

育毛剤による炎症やかゆみの原因は?

薄毛対策として育毛剤を使っていたのに、
炎症やかゆみが起きてきた――――

 

このように悩む人もいるのではないでしょうか。
では、このような炎症やかゆみはなぜ起こるのでしょうか?

 

育毛剤の基本の考え方

現在日本国内で販売されている育毛剤というのは、
当然「危険なもの」ではありません。

 

多くの育毛剤は植物由来の成分にこだわり、
何度かのテストを経て、ようやく市場に出回ります。
そのため、基本的には安全性の高いものなのです。

 

しかし、育毛剤には「合う・合わない」があります。
「1000人使っても、だれにも副作用が起きないと断言できる育毛剤」はありません。

 

炎症やかゆみが起こる理由

「植物由来のものは肌によい」
「肌トラブルが起きない」と考えている人もいますが、
これは必ずしも正解とは言えません。

 

花粉症などからもわかるように、
自然界に存在するものに対してアレルギー反応を起こす人もいるのです。

 

アレルギー反応は時に人の命さえも奪うものですが、
「炎症・かゆみ」というかたちで出ている場合、
自分がアレルギーを持っているということに気付かずに使い続けてしまう人もいます。

 

「何によってアレルギーを起こすか」は人によって異なります。
極端な話、「水」でもアレルギーを起こす人さえいるのです。

 

アルコール配合の育毛剤には注意

ただ、アルコール分などが多くふくまれた育毛剤の場合、
肌トラブルは比較的起こりやすくなることでしょう。

 

アルコールは、それ自体が明確に
「危険な物質」というわけではありません。

 

しかし、敏感肌の人や、
頭皮の乾燥に悩んでいる人にとっては、危険な要因となり得ます。

 

アルコールが含まれていないもの=安心できる育毛剤、
というわけではありませんが、肌が弱い人の場合は、
アルコールが含まれていないものを選んだ方がよいでしょう。

 

香料、着色料配合の育毛剤

また、香料や着色料が含まれているものも、避けた方が安全です。

 

かゆみや炎症が起きてしまった場合、
「健康な頭皮」として髪の毛を支えることが難しくなります。

 

その結果として抜け毛の進行速度を加速させてしまったり、
育毛剤がききにくくなる環境をつくってしまったりします。
これでは本末転倒ですよね。

 

かゆみや炎症が起きた場合は、
まずは育毛剤の使用を中止しましょう。
そのうえで、必ず医師の診断を受けてください。

 

そこで原因が見つかれば、
それを避けたり、それにアプローチしたりする方法が見つかるからです。