MENU

頭皮に存在するカビの実態、頭皮への影響

頭皮にカビが存在しているという話を聞くと、
不潔にしていると感じる人も多いかもしれませんが、
目に見えないだけで全ての人の頭皮にはカビが存在しています。

 

頭皮に限らず、顔や手の平というような皮膚がある部分にはカビが存在していますので、
「カビ=不潔」ではないということになります。

 

問題なのは、頭皮に存在するカビが頭皮に対して
どのような影響を与えてしまうのかということになっていますので、
今回は頭皮のカビについて詳しく紹介していきます。

 

 

頭皮のカビが繁殖することによってフケを増やしてしまう

頭皮のカビというのは、フケを増やす性質を持っています。

 

そして、頭皮にあるカビの主な栄養源となるのは、頭皮から分泌される皮脂となっていますので、
皮脂の量が多くなればなるほど頭皮のカビが繁殖することになり、フケの量も増えてしまうということに繋がります。

 

これらのことから逆算すると、フケの量が多いという人は、皮脂の量も多くなっていて、
頭皮のカビも多く繁殖しているということになります。

 

 

頭皮のカビが原因で皮膚炎になることがある

頭皮にカビがいること自体は問題ではありませんが、
頭皮のカビが多く繁殖してしまうと深刻な頭皮トラブルを招いてしまう恐れもあります。

 

頭皮のカビが原因となって引き起こされる頭皮のトラブルというのは、
脂漏性皮膚炎となっていて、皮脂の量が多くなり過ぎてしまって引き起こされる皮膚炎となっています。

 

脂漏性皮膚炎になると、フケの量も多くなってしまって、
皮脂の量も多くなりますので、頭皮環境がとても悪い状態になります。

 

そうなると、嫌な臭いがするということも挙げられますが、
何よりも薄毛になってしまうことが挙げられますので、特に注意しなければいけない状況になります。