MENU

乾燥による頭皮への影響

頭皮が乾燥することによって抜け毛が多くなってしまい
薄毛になってしまうということが挙げられますが、頭皮が乾燥してしまうと、薄毛だけではなくフケや痒みといって問題も出てきますので、頭皮の乾燥は防がなければいけません。

 

今回は、頭皮が乾燥することによって、
頭皮にどのような影響を与えてしまうのかということについて詳しく紹介していきます。

 

頭皮も肌と同じように乾燥が続くとボロボロになる

頭皮も肌と同じように皮膚となっていますので、
乾燥することによって頭皮自体がボロボロになってしまいます。

 

乾燥肌という言葉もありますが、頭皮が乾燥すると、
頭皮の中に蓄えられている水分が蒸発することになりますので、
水分と一緒に栄養分も失ってしまうことになります。

 

そうすると、頭皮の老化が進行することになってしまい、
髪の毛の土台が脆くなってしまうことに繋がりますので、
髪の毛が抜けやすい状況になってしまいます。

 

そして、乾燥が続くと頭皮がポロポロと剥がれ落ちるようになりますので、
この剥がれ落ちた頭皮というのが、フケということになります。

 

冬場はフケが発生しやすいとも言われていますが、
これは空気が乾燥していることによって頭皮も乾燥してしまい、
フケが発生しやすい状況になってしまうためだとされています。

 

そして、フケが大量に発生するということは、
細菌が多く繁殖してしまうということにも繋がりますので、
頭皮が炎症しやすい状況になってしまいます。

 

頭皮にかぎらず、皮膚が炎症してしまうと痒みを発することになりますが、
この際に痒いからと掻いてしまうと炎症を拡大させてしまったり、
炎症している部分に付着していた細菌を他の部分に広げてしまったりすることが挙げられます。

 

炎症している場合には正しい対処が必要です。

 

 

加齢によって頭皮が乾燥するということを知っておく

上記で紹介したように、頭皮も皮膚の一部となっていますので、
年齢を重ねることによって、どうしても乾燥しやすくなってしまいます。

 

頭皮が乾燥していると、栄養分を浸透させることが難しくなってしまいますので、
頭皮が乾燥している状態で育毛剤などを使用しても効果が低くなります。

 

 

そのため、薄毛や抜け毛が気になる人の場合は、頭皮環境を整えてから育毛剤を使用することによって、
より効果的に薄毛対策をすることが出来るということに繋がります。