MENU

ヘアカラー・パーマによる頭皮への影響

ヘアカラーやパーマというのは、
頭皮に与える影響も大きくなっていますが、
頭皮だけではなく髪の毛に与える影響も大きいのが特徴的です。

 

今回は、ヘアカラーやパーマをすることによって、
頭皮や髪にどのような影響があるのか
ということについて詳しく紹介していきます。

 

昭和の頃には考えられなかったことですが、近年では幼少期の子どもに対して
ヘアカラーやパーマを勧める親も多くなっていますので、

 

ヘアカラーやパーマが与える頭皮や髪への影響を知っておくことによって、
薄毛や抜け毛の被害を軽減することが出来ます。

 

ヘアカラーの仕組みについて

ヘアカラーの基本というのは、
髪の毛を脱色して好きな色に染め上げるということになっています。

 

この脱色をして着色をするという工程の中で、
髪の組織を破壊することになりますので、
本来の髪の毛よりも弱くなってしまうことが挙げられます。

 

髪自体が弱くなってしまうので、
抜けやすい髪の毛になってしまうということが挙げられますが

 

髪だけではなく頭皮に関してもヘアカラーの薬剤に含まれている成分は、
とても刺激の強い成分になっていますので、
頭皮が炎症を起こして脱毛症になってしまう恐れもあります。

 

従来の組織を破壊して形を作るのがパーマの基本

パーマというのは、
従来の毛髪に対して化学的なアプローチをすることによって、
人工的ヘアスタイルを形成する技術のことを指しています。

 

正式名称は、パーマネント・ウェーブと呼ばれていますが、
パーマはウェーブさせるだけではないために、
省略化されてパーマと呼ばれています。

 

パーマに関しても、元の髪の毛に対して
化学的なアプローチをすることになりますので、
髪の毛の強度が下がることになり、髪を弱めることに繋がります。

 

パーマやヘアカラーを使用することによって、頭皮にどのような影響があるのか

パーマやヘアカラーをするときに使用する薬剤というのは、
基本的に髪の組織を破壊するために使われるのが特徴的です。

 

そのような薬剤になっているために、非常に刺激が強く、
パーマやヘアカラーをするときは
頭皮に触れないようにするのが基本となっていて、

 

ヘアカラーをしたことがある人は分かると思われますが、
痛みを発するほどに刺激が強くなっています。

 

これは、頭皮が炎症をおこすことによって
痛みを発しているということになります。

 

頭皮が炎症をおこすことによって、
抜け毛が増えたり、薄毛になってしまったりといった状態になりますので、

 

パーマやヘアカラーをする場合は、
薄毛になるかもしれないということを念頭に置いてから利用するようにして下さい。