MENU

頭皮が臭う原因・メカニズムについて

頭皮が臭ってしまう人というのは、
女性よりも男性の方が多いとされています。

 

 

 

これは、男性の方が臭いを発してしまう物質の分泌される量が多くなっているということではなく、
女性のほうが頭皮や髪の匂いに気を使っているからというデータがあります。

 

そのため、何のケアもしていない状態なら、
男性でも女性でも頭皮の臭いについては変わらないということになります。

 

こちらでは、頭皮が臭ってしまう原因や、臭いのメカニズムについて詳しく紹介していきます。

 

また、頭皮の臭いを解消する方法についても紹介していきますので、
頭皮の臭いがきになるという人は実践してみると良いでしょう。

 

頭皮の臭いは毛穴から分泌される皮脂に原因があった

頭皮の臭いの原因となっているのは、頭皮の毛穴から分泌される皮脂にあります。

 

皮脂というのは、頭皮を外部の刺激から守るために分泌される物質となっていますが、
過剰に分泌されることによって悪臭の原因にもなってしまいます。

 

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因としては、生活習慣や食生活、
職場環境や家庭環境などの様々な要因によって引き起こされる症状となっていて、
一概に何が原因なのかということ特定するのは難しいです。

 

しかし、一般的に健康的な生活を続けていれば、
皮脂の分泌量も規定値で収まるということになりますので、健康的な生活を目指すのが大切になっています。

 

 

皮脂が悪臭を放ってしまう理由について

皮脂が悪臭を放ってしまう理由というのは、
「皮脂が酸化するため」だとされています。

 

皮脂というのは、文字通り「皮膚から分泌される脂肪分」となっているために、
簡単に言えば油と同じ性質を持っています。

 

食用油で調理をした後に、そのまま放っておくと嫌な臭いを発することになりますが、
これは油が酸化することによって嫌な臭いを発してしまうということです。

 

そのため、頭皮の毛穴から分泌される皮脂に関しても、
酸化することによって嫌な臭いを発してしまいます。

 

皮脂が酸化するというのは、酸素と接している場合は防ぐことができませんので、
頭皮の悪臭をケアする方法としては、下記の2点が挙げられます。

 

 

・酸化した皮脂を早く除去する
・皮脂の分泌量を減らす

 

この方法しかないと言っても過言ではありません。

 

皮脂の分泌を放っておくと、臭いだけではなく薄毛の原因にもなる

頭皮から皮脂が分泌されるというのは頭皮を守る意味もあるのですが、
皮脂が分泌されたまま頭皮を放っておくと、
嫌な臭いを発するだけではなく薄毛の原因にもなってしまいます。

 

 

これは、毛穴から髪に栄養を与えるときに、毛穴に皮脂が詰まってしまうために、
栄養が髪の先にまで行き届かなくなりますので、抜けやすい髪の毛が出来てしまうということが挙げられます。

 

そして、新たに髪が生えてくるときにも、
毛穴に詰まった皮脂が邪魔をして新しい髪の毛が生えなくなりますので、
結果的に薄毛になってしまいます。

 

皮脂の分泌を抑えるためにはどうすれば良いのか?

 

皮脂の分泌量が多くなってしまう原因として挙げられるのは
「食事」と「ストレス」が主な理由になっています。

 

近年では肉類や脂肪分が多い食事を好む人が増えたとされています。

 

肉類も赤身の部分を好んで食しているのなら問題ないのですが、
脂の乗った霜降り肉を好む傾向が強いために、結果的に脂肪分の摂取が過剰になります。

 

脂肪分というのは体内でエネルギーに変換されやすい栄養素となっていますが、
エネルギーとして使用できなかった分に関しては、
脂肪として体内に蓄積されるか体外に排出されることになります。

 

これが皮脂として分泌されることになるのですが、
脂肪分だけではなく糖分も皮脂の分泌を促す働きを持っていますので、
食生活の中で気をつけるのは、糖分と脂肪分の摂取を控えるということが特徴的です。

 

 

そして、ストレスに関しては、人間はストレスが過剰に蓄積されてしまうと
自律神経や副交感神経に異常が起こってしまいます。

 

その結果、身体のコントロールをすることが難しくなり、
皮脂が分泌されやすい状況を作り出してしまいます。

 

ストレスを受ける環境というのは、様々な事が考えられますので、
仕事だけではなく友人関係や家庭環境など、様々なことがストレスの原因となっているとされていますので、
ストレスの原因となる元を排除することが大切です。

 

この2つのポイントを守るだけで、皮脂の分泌を抑えることが出来ますので、頭皮の臭いを防ぐことにも繋がります。